FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実光院

    実光院   No.34 2009.10.28 

皆様お元気でいらっしゃいますか!

 2009年10月19日の東京国際映画祭での日夏英太郎二作品の上映が
無事済み、ほっとしている所です。

 今は、マキノ雅弘自伝「映画渡世・天の巻」(平凡社)を読んでいますが、
戦前の映画の歴史が分ると共に、内容がすこぶる痛快ですので、没頭
しています。

 映画好きの方にお薦めです。

  
     2009-10-jikouin.jpg
          

 私は2008年11月25日の午後12時ごろ、大原の三千院より奥にある来迎院、
音無の滝に足をのばし、引き返して紅葉の三千院を拝観後、三千院直近の
実光院を訪れました。

当日は、紅葉の見ごろでしたので、三千院は多くの人で混みあっていました
が、来迎院、音無の滝まで行く人は少なく、落葉の絨毯の道を歩かない方々
を「せっかく大原まで来て、もったいないナ」と私は感じた次第です。

実光院は天台宗の座主顕真僧正(56歳)が浄土宗の開祖法然上人(54歳)を
招き1186年(文治2)に専修念仏について議論をたたかわせた「大原問答」で
有名な勝林院の塔頭で、声明を修行する学僧の住む寺として建てられたと
云われています。

実光院の玄関を入ると、声明に使った楽器が色々ありました。

鳴らしてみると、それぞれが妙なる音がして、私はお経に節をつけて唱える
声明に、これらの音色が加わると、さぞ心が揺すられる、荘厳なものではな
いかと想像いたしました。

客殿の南側には庭園が広がり、私は散策してみましたが、とても落着いた
庭園で、鹿おどしもありましたよ。

秋から春まで咲き続ける清楚な不断桜が印象に残りました。


      2009-10-sanzen-michi.jpg
  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト

テーマ : 京都 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。