スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡月橋北畔 「琴きき橋跡碑

   今日は比較的朝早い新幹線のぞみ号に乗って、京都取材に行ってまいり
   ま~す


   洛西にある苔寺さんの拝観予約がとれましたので、観てまいりますね

   
   渡月橋北畔 「琴きき橋跡碑」
  
   

    峰の嵐(嵐山)か 松風か 尋ぬる人の 琴の音(ね)か
      駒(こま)引き止めて 立ち寄れば 爪音(つまおと)高き 想夫恋

   

    宮中一の美人で琴の名手である小督局(こごうつぼね)は高倉天皇の
    寵愛を受けていましたが、高倉天皇の中宮である徳子(後の建礼門院)の
    父である平清盛の怒りを怖れ、嵯峨野に身を隠しました。

    高倉天皇は部下の源仲国(みなもとのなかくに)に命じて嵯峨野に小督局を
    探しにやります。

    仲国が嵯峨野の嵐山を訪れたところ、高倉天皇を慕う小督局の
    「想夫恋」の琴の激しい音が聞こえてきました。

    事情を話して仲国は小督を宮中に連れ戻しました。
  

    (渡月橋北畔から亀山公園へ行く途中、つぼね茶屋の裏に小さな五輪塔の
    小督塚が立っています。女優の故浪花千恵子さんが供養されたとも云われて
    いますよ)


       京都の風情 嵐山の魅力

     
    
        
           
スポンサーサイト

テーマ : 京都 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。