スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東寺五重塔

先程TBSテレビで「渡る世間は鬼ばかり」を観ました

脚本家の橋田寿賀子氏は、人間の機微と辛らつさ、そして愉快さ
などを描いたら天下一品の方なので、文章を書く上での参考にさせ
ていただいてもおります。

橋田さんは京城(現ソウル)のお生まれで、戦後松竹大船で脚本を
書いていらしたそうです。

私の父・映画監督の日夏英太郎も戦前に松竹下加茂に籍を置いて
時代劇の脚本を書いていました。

また日夏英太郎が、日朝満合作映画「君と僕」のメガホンを撮った
ときの舞台も京城でありましたので、とても橋田さんに親近感を
もたせていただいております。

こんなに皆様に「渡る世間は鬼ばかり」が長く愛される秘訣は、
映画界で研鑽をつまれたことと無関係ではないような気も致します


  東寺五重塔(国宝)

桓武天皇は平安京造営に際し796年(延暦15)に国家鎮護のため、
羅城門をはさんで朱雀大路(幅員約85メートル)の東西に官寺・
二寺を建立しました。(東寺・西寺) 

東寺は823年(弘仁14)に、嵯峨天皇から東寺を下賜された弘法
大師空海が真言宗の道場とした名刹と云われます。
 
東寺は南大門(重文)を入って金堂(国宝)・講堂(重文)・食堂が
南北一直線に並ぶ伽藍配置です。

仏舎利を納めた五重塔を東南角に、灌頂院をその反対側の西に配置。

東寺五重塔は高さ54.84mで古塔では日本で一番高く、1644年(正保
元)に徳川家光が再建したと伝えられていますよ。 
 
最初の塔は、空海の在世時に着工され完成までに約50年を要する難
工事でしたが僅か4年後に落雷のために焼失し、その後も再三にわた
り落雷の災にあい、現在の塔は5代目だそうです。

五重塔は石壇上に立つ、各層3間四方、和様の復古建築です。

初層内部は板敷きで中央に須弥壇を設けて格天井を張り、周囲の板壁
に真言八祖像、扉に護法八天、柱・天井のいたるところに文様が極彩色
で描かれていると云われます。

初層の軒下四隅に、邪鬼が踏ん張って支えていました(縁の下の力持ち)

なかなか微笑ましかったですよ。

 ■ 日夏もえ子著 「京都の風情 嵯峨野物語」 

       
    2009-2-touji-tou.jpg

 2009-2-touji-jaki.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 京都 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。