スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雲院

ここ1週間ほど、子供の頃をしきりに思い出すのですよね

テレビ局から私の父・映画監督の日夏英太郎に関するインタ
ビュ-を受けたせいでしょうか。

あの頃の自分と向き合わなければならなくなってしまいました。
(辛いことはあまり思い出したくなかったけれど・・・)

父は私が生まれてすぐにインドネシアに出征し、戦後も戻らな
かった為、母一人子ひとりで育ちました(私の兄は10歳で溺死)。

私は17歳の時、病で最愛の母を失った時は、絶望感にとらわれ
ました。

なんとか乗り越えられたのは、高校3年になっていたからでしょうか

でも小学校時代は、わんぱくぶりを発揮して、個性ある友達に恵まれ
ほんとうに楽しかった!

戦後そんなに経ってなく、校舎も足りないので、1・2生のころは3部授業
(1・2年生の次に3・4年生、次に授業を受けるのは5・6年生という具合)
を受けました。

家に帰っても主に年下の友達がいっぱいいて、4~5人が2列に向き
合って「あんたがたどこさ、肥後さ熊本さ」などと歌いながら自分の
列に加えたい相手方の友達の名前を呼んだり、またメンコ、カン蹴り、
かくれんぼ等をして夕方まで遊びました


時々、白い髭をはやしたおじいさんが来て紙芝居を見せてくれるのが
楽しみでした。

あ、長くなってしまいました。

また、小学校時代の話はいつかしますね!

 大雲院

大雲院は円山公園の南西にあり、しっとりとした石畳の小路が高台寺・
圓徳院などの名刹まで続いています。

まことに京都らしい文化の香りが漂う界隈です。

大雲院は祇園祭りの鉾を模した高さ36メートルの祇園閣がある
ことでも知られています(大正期の財閥・大倉喜八郎別邸の展望台)

1587年(天正15)に正親町天皇(在位1557-86 おおぎまち)の勅命
により、貞安上人が織田信長・信忠親子の菩提を弔うために大雲
院を建立したと伝えられていますよ。

信忠公(信長の長男)の法名大雲院殿三品羽林仙厳大居士に因ん
で大雲院と名付けられたと云われます。

祇園閣の裏手に織田信長・信忠公の碑と石川五右衛門の墓があります。

五右衛門の墓石の角はなく、後世の人たちが「貴族、金持ちから大判・
小判を奪って貧しい人々にばら撒いた」という五右衛門伝説にあやかり
たいとかけらを持ち去ったとも云われています。

 辞世の句  石川は浜の真砂は尽きるとも 世に盗人の種は尽きまじ

 石川五右衛門の戒名 「融仙院良岳寿感禅定門」 (10字)

  日夏もえ子著 「京都の風情 嵯峨野物語」

              
    2009-2-daiunin.jpg









スポンサーサイト

テーマ : 京都 - ジャンル : 旅行

コメント

大雲院

 織田信長親子の菩提を弔う寺院として、東山に移されたようで、豊臣秀吉・ねねさまと共に、東山から京都の街を見守っているようです。
石川五衛門の戒名が、10文字は多いですね。、義賊として、後世の人は、名づけたのでしょう。 南禅寺の三門の伝説で「ああ絶景かな、絶景かな」見得切る舞台のセリフは有名ですが、歌舞伎【楼門五三桐】(さんもんごさんのきり)は今回京都観光検定1級で問われました。答えられず、京都文化の広さに極限を見出せません。

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。