FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圓徳院(高台寺塔頭)

今日はこのブログを掲載後、私の本拠地であるまぐまぐの
「もっと知りたい京都 苔寺」(95号)を書き始めなければと
思ってはいるのですが・・・。

2月18日(水)が発行予定日なので~す

今日2月15日(日)のNHKテレビ番組は魅力的なのですよね。

8時から大河ドラマ「天地人」を観て、続いて9時からBS11で
ペ・ヨンジュン主演の「太王四神記」を観たいし、果てさて困ったな

日曜日は、こうして心の葛藤が続くのでございま~す。

  圓徳院

圓徳院は風情あるねねの道(石畳の道)を挟んで高台寺の前に
あります。

圓徳院は豊臣秀吉夫人の北政所ねねの実家木下家の菩提寺で、
ねね様が余生を送ったことでも知られています。

伏見城の北政所化粧御殿から移したという豪華な石組みの方丈前
北庭は有名ですよ。

また、本堂の桐紋の襖に描かれた長谷川等伯の障壁画(重文)も桃山
文化を表現していると云われています。

 ■ メルマガ 「もっと知りたい京都」 


             2009-2-entokuin.jpg






スポンサーサイト

テーマ : 京都 - ジャンル : 旅行

コメント

東山

 【京都が好きになった】原点が東山三十六峰の麓、即ち【山岳仏教】に由来して、自然を対象に、京都でも主な寺院が、【清水寺】を始め連なっている事に、筆者の手記を読ませてもらって今更ながらに、感ずるものを覚えました。 必然的に文章にも、深みを感じさせられます。

 嵯峨野を紹介された事も、山紫水明そして至る所に、歴史とロマンを人の心を感動させる要素が、やはり、西山の山麓に、集中している事が、人は自然の中で、安らぎとか、
僧にすれば、悟を開かれたのでしょう。

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。