FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳塚

   耳塚  NO.32  2009.9.1

皆さん、お元気ですか!

9月の声を聞き、今年も後半に入りましたね。

月日が飛ぶようで、こわいような気さえ致しま~す

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は2006年3月2日に、豊臣秀吉を祀る豊国神社を参拝後、
車で東へ数分の所にある朝鮮の方の耳塚を訪れました。
 
 耳塚は、秀吉が朝鮮出兵した1592年の文禄の役(兵力15万)と
1597年の慶長の役(兵力14万)で、配下の武将達が朝鮮の被害者
の鼻や耳をそぎ、塩漬けにして日本に持ち帰ったのを秀吉の命で
埋葬したものと云われます。
 
 私はここに佇み耳塚と供養塔を見たとき、暗く心が沈みました。

塚の上に五輪の石塔(供養塔)が立っていました。

いつの世も戦争はなくならず、人々は悲しみと苦しさを味わって
います。

被害場所が変わるだけで・・・。

 私は、朝鮮の被害者の方々のご冥福を心より祈らせていただき
ました。

 それでは、豊臣秀吉の朝鮮出兵のお話に入りますね。
 (参照:「詳説日本史」山川出版社)

 豊臣秀吉は1590年に小田原の北条氏を討って関東を平定、その際、
奥州に勢力をもっていた伊達政宗が小田原攻めに加わって秀吉に服属
したので、天下統一が完成しましたが、豊臣政権は秀吉の独裁色が強く、
朝鮮侵略はその弊害が現れたものと伝えられています。

 はじめ秀吉は、ゴアのポルトガル政庁・マニラのスペイン政庁・高山国
(台湾)などに対し、服属と入貢を求めましたが失敗。

 そこで、秀吉は1587年(天正15)に対馬の宗氏を通して、朝鮮に対して
入貢と明出兵の案内を求めましたが、朝鮮側に拒否されたため、文禄・
慶長の役(壬辰・丁酉の倭乱〔じんしん・ていゆうのわらん〕)を起こしたと
伝えられています。

 明に出兵するには大軍を運ぶ船舶が足りず、まず朝鮮に足場を築いて
から、明を朝鮮から陸伝いに侵略という構図だったのかもしれませんね。

 肥前の名護屋に本陣を敷き、1592年(文禄元)15万余の大軍を朝鮮に
派兵(文禄の役)しました。

 釜山(ぷさん)に上陸した日本軍は、鉄砲の威力や加藤清正・小西行長
などの活躍で漢城(現ソウル)や平壌(現ピョンヤン)を占領しましたが、
朝鮮の李舜臣(りしゅんしん)が率いる亀甲船の水軍や義兵(朝鮮の民衆)
などの抵抗、明の援軍などにより日本軍は補給路をたたれ、戦局は
しだいに不利になりました。 

 1593年の碧蹄館(へきていかん)の戦いをきっかけに停戦、小西行長が
朝鮮の宗主国明と講和交渉に臨むも失敗に終わったと云われます。

 1597年(慶長2)、日本軍は再び14万人余の大軍を朝鮮に派遣(慶長の役)
しましたが最初から苦戦を強いられ、翌年に秀吉が病死すると撤兵した
と伝えられています。

 日本軍の侵略は、朝鮮の人々に多くの被害と苦しみをもたらしました。

 そして、国内的には膨大な戦費と兵力を費やして、豊臣政権崩壊の
原因になったと云われています。

       

                 kyoto-06-mimizuka.jpg
               
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■ HP   「京都歴史散歩」 

スポンサーサイト

テーマ : 京都 - ジャンル : 旅行

建仁寺

私は今朝10時ごろ、東京の都心から程々の距離にある私の住む街をミニ
チュアダックスフントのジュニア-ルと散歩していましたら、道端の山茶花
かカイドウの木?からチュッチュ・チュッチュという鳥のさえずりが聞こえてき
ました。

ふと見ると萌黄色のうぐいすがいました

「ホ-ホケキョ」とは鳴いてくれなかったけれど、可愛らしくて綺麗でした。

私は道行く熟年の女性に思わず「鶯がいますよ」と、声をかけてしまい
ました。

その方は、「ここ2・3年姿がみえないと思っていたら今年はやって来たの
ですね」と微笑みながら応じてくれました。

春の訪れを告げる鶯の到来は、やっぱり嬉しいものなのですね

             建仁寺

  2009-2-kenninji-teien.jpg


建仁寺は、西に鴨川・東に東山をひかえ、祇園の花街の南端に位置して
います。

建仁寺は1202年(建仁2)に鎌倉幕府2代将軍・源頼家の帰依を受けた
栄西 (えいさい・ようさい)が着工し3年後の1205年(元久2)に建立したと
云われています。

当初は叡山との関係を慮り天台・真言・禅の三宗兼学の寺だったそうです
が、 1246年・宋より来日した11世蘭渓道隆(らんけいどうりゅう・鎌倉建長
寺の開祖) の時に唯一の禅刹になったと伝えられています。

その後、建仁寺は度々の兵火にあって焼失しましたが、1596年(慶長元)に
安国寺恵瓊(あんこくじえけい)によって再興されたそうです。

伽藍は、勅使門(重文)・三門(望闕楼・ぼうけつろう)・法堂・方丈(重文)が
一直線上に並んでいます。

2002年に建仁寺創建800年を記念して、法堂の天井に小泉淳作画伯筆
「双龍図」(縦11.4・横15.7メートル)が描かれたと云われます。

(龍は「水の神」ともいわれ修行僧に仏法の教えの雨を降らせると考えられ、
仏法を講義する法堂にふさわしいそうです(建仁寺説明書))

私は2007年2月1日に双龍図を拝見させていただきましたが、2匹の龍が
顔を向き合い、おどけた、どこかユーモラス気味に描かれた雲龍図は初め
てでしたので、思わず笑みがこぼれてしまいました。

また、本丈には俵屋宗達筆(江戸初期の画家)の「風神雷神図」(国宝)が
二曲一双の金箔の屏風に、右に風の袋を持ち大空を滑空する風神と、
左に太鼓を背に、撥(ばち)を両手に持ち雲に乗って天駆ける雷神が力強
く、 みずみずしく描かれていましたよ。
(残念ながらレプリカで、実物は京都国立博物館に寄託されています)

   日夏もえ子著 「京都の風情 嵯峨野物語」
 

    2009-2-kenninji-hujin.jpg
        


テーマ : 京都 - ジャンル : 旅行

六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)

東京の街が近代化に拍車をかけたのが、1964年(昭和39)の東京
オリンピックの頃と云われています。

地下鉄・首都高速道路・ホテルなどが建設されました

私が高校時代通学に使った青山道リを走る渋谷駅発、神田須田町
行きなどの都電も廃止されました。

東京・新大阪間の新幹線が出来たことは素晴しいことだと思っており
ます。

でも都心には、ほっとするような運河が流れる様な憩いの場もありま
せん。

心が休まるといえば皇居のお堀端ですが、目の前を何車線もの
列に沿って車が猛スピ-トで通過していきます。

隅田川も高い石堤でおおわれ、昔の江戸情緒はとても求められません。

数年前に大手新聞で「躍動する現代東京」なんて見出しでビルばかりが
聳える写真と記事を誇らしげに載せていましたが、疑問を感じました

真の国際都市とは、人にやさしい環境が整備された街なのではない
でしょうか。

  六道珍皇寺(ちんのうじ)
 
珍皇寺は建仁寺(臨済宗)の塔頭で、鴨川に架かる松原橋から清水寺へ
向かう途中にあり“六道さん"として親しまれています。

本堂・閻魔堂(えんまどう)・鐘楼などがあり、本堂に本尊の薬師如来
(重文)をお祀りしています。

寺の所在地が葬送地の鳥辺野(とりべの)の端にあたることから、平安
初期の学者の小野篁(802~852・たかむら)が六道の辻の井戸から
冥土通いをしたと云う伝説がありますよ。

珍皇寺の盂蘭盆会(うらぼんえ 8月7~10)に撞く鐘を迎え鐘と呼び、
精霊を冥界から呼び戻すと伝えられ六道まいりとして参詣人で賑わ
っていると云われます。
(六道→仏教の地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の世界)

私は2007年3月10日に鐘を撞いてみましたが、とても妙なる音が
しましたよ。

  メルマガ 「もっと知りたい京都」

      2009-2-chinnouji.jpg

    2009-2-chinnouji-kane.jpg  

  

テーマ : 京都 - ジャンル : 旅行

松原橋 (牛若丸と弁慶の決闘地)

私が小学校5・6年生の頃はまだテレビがなく、映画とラジオの全盛期
でした。

松竹大船映画の佐田啓二・岸恵子さんが演じる「君の名は」が大変な
人気でした。

「君の名は」はラジオ放送もあり、その時間はお風呂屋さんの女湯が
空っぽになると云われたものです。

舞台は銀座の数寄屋橋?だったかも知れません

スカ-フのまち子巻きも流行りました!

佐田啓二さん(御子息は俳優の中井貴一さん)は、残念ながらお亡く
なりになりましたが、岸恵子さんは現在もご活躍されています

岸恵子さんは知的で美しい方で、私達世代の憧れの方なので~す。


   松原橋

鴨川に架かる松原橋(旧五条大橋)は牛若丸(源義経)と武蔵坊弁慶の
決闘の場所とも伝えられています。

弁慶の長刀をひらりとかわす牛若丸の話は有名ですね。

豊臣秀吉が方広寺の大仏を建立するために新たに五条大橋を架けた
と云われます。

松原橋の北には団栗橋(どんぐりばし)が望め、右背景に比叡山が浮び、
東にはなだらかな東山が姿を見せていますよ。

鴨川に架かる橋は北から、三条大橋・ 四条大橋(南座・祇園)・団栗橋・
松原橋・ 五条大橋・正面橋、そして東山三十六峰が眺められる七条
大橋となっています。

直進すると左手に六道まいりの信仰で有名な六道珍皇寺(小野篁の
冥土通の伝説)があり、さらに歩を進めると清水寺に到ります。

この松原橋から清水寺への道が昔の正式な清水道(五条坂)と云われ、
おとぎ話で有名な「一寸法師」もこの坂道で、お姫さまを鬼から護った
と伝えられていますよ。

 ■ 日夏もえ子著 「京都の風情 嵐山の魅力」

            2009-2-matsubarabashi.jpg

テーマ : 京都 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。