FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曼殊院 八窓の茶室

 2006年5月に友人と訪れた 曼殊院を思い出していました

 あの頃は、私がメルマガ「もっと知りたい京都」を書き始めた
 時期でした。

 ただひたすら「もっと知りたい京都」に打ち込んだ日々、そして
 その後の2年間でした。

 でも、最近は100号も近くになるにつれ、緊張感が今一つ続か
 なくなった様な気もしております。

 101号から「もっと知りたい京都」も、このブログのように楽しみ
 ながら書いていけ たら・・・などと心に描いております。

 曼殊院に同行してくれた友人のブログです

 ぜひ応援してあげてくださいね。

     「Bearママのつぶやき」

  
      
曼殊院  八窓の茶室

 曼殊院は、のどかな田園風景もみられる比叡山の西麓にあり、
 洛北屈指の門跡寺院と云われています。

 曼殊院は比叡山西塔にあった東尾坊を前身とする寺院ですが、
 江戸時代初期の1656年(明暦2)に、良尚法親王(りょうしょう
 ほう)が 入寺され現在地に堂宇を造られたそうです。

 曼殊院は竹の内門跡とも云われ、天台宗の五門跡(三千院・青蓮
 院・ 妙法院・毘沙門堂・曼殊院)の一つに数えられています。

 良尚法親王は、第106代・正親町天皇(おおぎまち)のお孫さん
 にあたり、 父・八条宮智仁(としひと・後陽成天皇の弟)親王の
 ご次男で、寺を与え られ僧侶となられたと云われます。

 曼殊院の小書院の奥にある八窓の茶室(八窓軒・重要文化財)は、
 三畳台目の茶室で、素朴で侘びさびの情緒がありました。

 私は正座して友人と共に神妙に、小僧さんの親切な説明に耳を傾け
 ました。

 八窓とは、仏教の八相成道(釈尊の生涯を八つの場面に分けて説く)
 を表現したものと云われています。
 (下天・拓胎・出胎・出家・降魔・成道・転法輪・涅槃(ねはん))

 躪口(にじりぐち)右手にある窓は虹窓とも呼ばれ、障子に桟の影が
 写って 虹の様な色が浮ぶそうです。

 右手南側の下地窓を開けると、廊下伝いの延長上に、庭園の中心の
 “滝石” が見える様になっていました。

 その演出が、実に見事でした。

 八窓の茶室は、古田織部(おりべ・安土桃山―江戸初期の武将・茶人)や
 小堀遠州の 好みを採り入れたものと伝えられていますよ。

     ■ 日夏もえ子著 「京都の風情 嵯峨野物語」


          2009-2-manshuin.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 京都・奈良 - ジャンル : 旅行

一乗寺下り松 宮本武蔵と吉岡一門の決闘地

 昨日は、私の父・映画監督の日夏英太郎に関する取材に
 Aテレビ局のディレクタ-氏とカメラマンが私の家に午後
 1時30分頃みえました

 ディレクタ-は気さくな方でしたので、私もあまり緊張する
 ことなくインタビュ-に応じることが出来たような気が
 致します。

 (ただ家でミニチュアダックスを2匹飼っていて、そのうちの
 1匹が来客がありますと吠えまくり、話どころでなくなります
 ので、前もって家から車で10分位の所にある私の仕事場に
 連れて行っておきました)

 4月下旬ごろ放送予定ですので、また近くなりましたらお知
 らせ 致しますね

  一乗寺下り松 

 洛北の詩仙堂手前にある一乗寺下り松は、宮本武蔵と吉岡一門
 の決闘地として知られています。

 宮本武蔵(1584年(天正12)-1645(正保2))は、江戸初期の兵法家・
 剣術家・水墨画家・工芸家で、出身は江戸時代の地誌「東作誌」
 によれば、美作(みまさか・岡山県)宮本村とあり、晩年の武蔵の
 著「五輪書」には、生国播磨(兵庫県)とも記されているそうです。
 
 二天一流(二刀流)を開き、60数回の勝負に1度も負けたことがな
 かったと伝えられていますよ。

 一乗寺下り松での吉岡一門との決闘(武蔵21才)や、山口県下関・
 巌流島での佐々木小次郎との決闘(武蔵29才)は有名ですね。

 1640年(寛永17)から、熊本藩主・細川忠利の客分として、晩年
 の5年間を過ごしたと云われています。

 著書として、熊本市西方にある金峰山麓の “霊厳洞”にこもり、
 死のまぎわ迄、筆を握り、新免武蔵守藤原玄信の名で書いた
 「五輪書」(地・水・火・風・空の巻)の他に、「極意書」「自戒書」
 (号は二天)などがあるそうです。

 水墨画に山水・花鳥・人物画などがあり、「鵜図」「正面達磨図」
 「野馬図」などの作品を残したと伝えられています。

  観智院(東寺塔頭) には水墨画の「鷹の図」が客殿上座の間の
  床の間に、また「竹林図」が襖4枚に描かれていると云われます。
 
  
  日夏もえ子著 「京都の風情 大覚寺慕情」


                  2009-1-ichijouji.jpg

 
 
 

テーマ : 京都 - ジャンル : 旅行

詩仙堂

 私は2008年10月2日に詩仙堂を訪れた時、忘れられない出会い
 がありました


 石川丈山のお墓を先祖代々守っておられ、詩仙堂の庭の手入れを
 されている仁右衛門さんにお会いすることが出来たので~す。

 素敵な幾何学文様の久留米絣(かすり)を着て(真新しくみえます)、
 「この格好が一番動きやすいのよ。虫がつかないし久留米はブランド
 なの。戦前お嫁に来たとき持ってきたものなのよ」と爽やかな笑顔

 で話してくれた仁右衛門さん

 「あの山に(詩仙堂背後の中山)丈山先生 が眠っていらっしゃるの」
  と手で指し示して、丈山先生・丈山先生と尊敬し、活き活きと石川
  丈山の墓守とお寺に奉仕される仁右衛門さんに私は深い感銘を
  受けたのでした。


  2008-10-sisendou-iemonsan

           詩仙堂

 詩仙堂は徳川家康の元家臣で、漢詩人として著名な石川丈山
 (1583-1672)が1641(寛永18)年、59歳の時に洛北・比叡山西麓の
   一乗寺村に建てた山荘(隠居跡)と云われます。

 詩仙堂は正しくは凹凸窠と云われ、でこぼこした土地に建てられた
 棲家〔すみか〕の意味で、詩仙堂の建物と庭園は山の斜面に沿って
 作られているそうです。

 詩仙堂は詩仙の間に、丈山が日本の三十六歌仙にちなんで中国の
 漢晋唐宋時代の詩人36人を選び三十六詩仙として、狩野探幽に
 その肖像を描かせて、図上に各詩人の詩を丈山自ら墨書して四方の
 壁に掲げたことから詩仙堂と呼ばれるようになったと云われます。

 丈山は隷書家・作庭家としても知られていますよ。

 蓮華寺・東本願寺渉成園・酬恩庵(一休寺)などの作庭を手がけたと
 云われています。

 簡素・風雅な山門の小有洞(しょうゆうどう)をくぐり、両サイドに
 竹林が空に伸びる参道の石段を一歩一歩登り、老梅関という
 門をくぐると堂上に3階建ての楼のある嘯月楼(しょうげつろう)が
 見えました。

 嘯月楼は月を仰ぎ詩歌を嘯く(うそぶ)という意味があるそうです
 が、一説には丈山が、丸窓や四角窓から反徳川派の動きを監視
 するために設けたのではないかとも云われています。

 1階正面の書院の前面には、白砂と見事に刈込まれた美しいさつき
 と1基の灯籠・もみじの庭園が開けていました。

 さつきの間から庭に出ると、石段を降りた所に丈山が鹿猪が庭園を
 荒らすのを防ぐために考案したという“鹿おどし”(山田の僧都 そうず)
 があり、時おり「ポン」という心地よい音をたてていましたよ。

 石川丈山は、1672年(寛文12)正月に90歳の賀を祝い、3月に床に
 就き、5月23日に亡くなったと云われます。

  ご遺体は、丈山が62歳の時に舞楽寺村中山に用意していたお墓に
  埋葬さ れたそうです。
      
  日夏もえ子著 「京都の風情 嵯峨野物語」

  鹿おどし」

 2008-10-sisendou-sanmon.jpg

テーマ : 京都 - ジャンル : 旅行

修学院離宮 隣雲亭(りんうんてい)

 1月29日の朝、新幹線のぞみ号で京都駅に着いた私は、さっそく地下鉄烏丸線に乗り
 今出川駅で下車して、京都御所内にある宮内庁京都事務所に向い翌30日の修学院離宮
 桂離宮の拝観手続きを済ませました


 身分証明書の提示が必要ですよ。

 30日の朝9時15分ごろ東山の宿からタクシ-に乗り、私の好きな洒落た北山通りから
 白川通りに抜け、北東にある修学院離宮に20分位で到着しました。

 総門は修理中で残念ながら写真に収めることがで出来ませんでした。

 かつて私は曼殊院に行く時に、歴史を刻んだこの総門をじっくりと眺めたことが

 ありましたので少しがっかり致しましたがやむを得ないことでした

   
  修学院離宮  隣雲亭からの眺望

 修学院離宮は、徳川幕府が後水尾上皇(ごみずのお)のために1656年(明暦2)ごろから
 3年をかけて造営した約54万平方メ-トルの山荘と云われています。
 
 設計は後水尾上皇がなさったそうです(上皇の中宮は徳川秀忠の娘・和子(東福門院)

 離宮(庭園 御茶屋)は上・中・下の3つから構成され、上離宮にある隣雲亭は離宮内で
 建物が建っている中では一番の高台に位置すると云われます(海抜149)。

 隣雲亭からは、正面に松ヶ崎・宝ヶ池などが、右に鞍馬・貴船の山々が、
 そして左には京都市街と背後に愛宕山などの西山が望め、まことに素朴かつ
 美しい景観でしたよ。

 
  ■  京都の風情 嵐山の魅力

修学院離宮隣雲亭からの眺望 

テーマ : 京都 - ジャンル : 旅行

Tag : 京都 離宮 洛北

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。