FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実光院

    実光院   No.34 2009.10.28 

皆様お元気でいらっしゃいますか!

 2009年10月19日の東京国際映画祭での日夏英太郎二作品の上映が
無事済み、ほっとしている所です。

 今は、マキノ雅弘自伝「映画渡世・天の巻」(平凡社)を読んでいますが、
戦前の映画の歴史が分ると共に、内容がすこぶる痛快ですので、没頭
しています。

 映画好きの方にお薦めです。

  
     2009-10-jikouin.jpg
          

 私は2008年11月25日の午後12時ごろ、大原の三千院より奥にある来迎院、
音無の滝に足をのばし、引き返して紅葉の三千院を拝観後、三千院直近の
実光院を訪れました。

当日は、紅葉の見ごろでしたので、三千院は多くの人で混みあっていました
が、来迎院、音無の滝まで行く人は少なく、落葉の絨毯の道を歩かない方々
を「せっかく大原まで来て、もったいないナ」と私は感じた次第です。

実光院は天台宗の座主顕真僧正(56歳)が浄土宗の開祖法然上人(54歳)を
招き1186年(文治2)に専修念仏について議論をたたかわせた「大原問答」で
有名な勝林院の塔頭で、声明を修行する学僧の住む寺として建てられたと
云われています。

実光院の玄関を入ると、声明に使った楽器が色々ありました。

鳴らしてみると、それぞれが妙なる音がして、私はお経に節をつけて唱える
声明に、これらの音色が加わると、さぞ心が揺すられる、荘厳なものではな
いかと想像いたしました。

客殿の南側には庭園が広がり、私は散策してみましたが、とても落着いた
庭園で、鹿おどしもありましたよ。

秋から春まで咲き続ける清楚な不断桜が印象に残りました。


      2009-10-sanzen-michi.jpg
  


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
スポンサーサイト

テーマ : 京都 - ジャンル : 旅行

宝泉院

  宝泉院  No.33  2009.10.11

皆様、お変わりありませんか!
間もなく、東京国際映画祭が開催されます。
私の父・日夏英太郎の2作品も上映されますので、是非観に
いらしてくださいませ。
ただ予約券は売り切れていますので、当日券を早めに行って
お買い求めくださいね。

2009年10月19日 シネマート六本木 14時スタート

東京国際映画祭

2009-10-houseiin.jpg


私は2008年3月11日の午後1時ごろ、三千院拝観後、三千院御殿門前の
通り(桜の馬場)の突きあたり(北)にある天台宗の前座主顕真僧正(56歳)が
浄土宗の開祖法然上人(54歳)を招き1186年(文治2)に専修念仏について
議論をたたかわせた「大原問答」で有名な勝林院の塔頭の宝泉院を訪れ
ました。
宝泉院は、勝林院本堂西側にありました。
山門を入ると、五葉の松(近江富士 宝楽園)が望めました。 
樹齢500年余を数える富士山型で美しい容姿です(京都市登録天然記念物)。
高さ11メートル、枝張り南北11.5・東14メートル。

客殿の柱を額縁に見立てた、竹林を背景にした庭園(客殿西の盤桓園)は、
風情がありましたよ。

客殿の畳に座り、遠大な庭園を眺めながら“抹茶と菓子”で寛ぎました。

客殿の廊下の天井は、1600年(慶長5)、美濃関ヶ原で行われた家康(東軍)
と石田三成(西軍)の天下分け目の関ヶ原合戦の前に、家康が会津の上杉
景勝征討に向かった折り、伏見城を守った家康の忠臣、鳥居元忠ほか武将
達が石田三成の大軍に攻められ自刃した遺構の血天井になっていました。 
徳川の軍の将兵の霊を慰め供養するための「桃山の血天井」は、鷹峯の
源光庵、三十三間堂近くの養源院などにもあります。

座敷には楽器(サヌカイトという石)があり、自由に鳴らせますので、体験する
のも楽しいですよ。

  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 京都歴史散歩   

テーマ : 京都 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。